人気ブログランキング |

a0363353_20352258.jpg
ThinkPad X1 Carbonを購入したばかりだというのに、ニューアイテムとしてキングジムのポメラDM200を購入しました。

ThinkPadのエンブレムは私が勝手に貼り付けたものです…(笑)

私は仕事のアイデアや、行き詰まったときにとりあえず文書に書くと言う習慣をがあるのですが、デジタル製品好きとしてはより面白く書き出したいと思い、前々から興味のあったポメラシリーズを手に入れました。

ちなみに、このブログの下書きもポメラで書き始めました。


以前は折りたたみ式のキーボード搭載モデルなど、ラインナップも複数存在しましたが、いつの間にかこのDM200のみのラインアップでちょっと寂しいですね…

a0363353_20355121.jpg


用途としてはPCでも十分可能なのですが、書きたいと思ったとき瞬時に起動させてすぐ書き出せると言う点では、ワープロ機能単一であるこのポメラシリーズは非常に理想的です。

a0363353_20360937.jpg


キーボードはコンパクトながら快適に打ち込めるサイズとなっております。
その代償として、横幅が少し広いので手持ちのショルダーバッグやクラッチバッグに収納出来ないのが困りものですが…

a0363353_20362539.jpg


ディスプレイは7インチワイドのTFT液晶。
バックライト付なので、暗い場所でも入力作業をする事が出来ます。

ちなみに無線LANを搭載しているので、iPhoneやMacで同期させたり、Evernoteやメールでテキストを送信する事も可能です。

a0363353_20370753.jpg


本体左側側面。
充電やPCと連結するためのUSB2.0(Micro B)端子と、フルサイズのSDカードスロットを搭載しております。

a0363353_20372296.jpg


本体右側側面。
こちらは端子類は何もありません。

a0363353_20373443.jpg


本体を買ったら必ずと言っても良いほど純正ケースも買ってしまいます(笑)
マグネット式のフラップで、しっかり蓋が出来ます。

a0363353_20375037.jpg


ThinkPadプレミアムケースでは皮部分は牛革が使用されていて、本物志向でしたが…
このポメラDM200専用ケースの皮部分は合成皮革となっております。

お値段もお値段なので、致し方ありませが。

a0363353_20380530.jpg


表地はポリウレタン・ナイロンで出来ており、裏地はポリエステル・ナイロンとなっております。
保護ケースとしては一般的な素材ですね。

a0363353_20382286.jpg


DM200を収納した状態。
さすがは専用ケースなので、ピッタリ収まります!

…と言いたいところですが、買ったばかりですとちょっときつくて出し入れし難いです。

何回も使っていく内に馴染んで収納しやすくなりますので、それまでは我慢する感じですね(笑)


文書作成のみに機能を絞ったポメラシリーズですが、文書作成以外の余分な機能がない分、作業に集中出来きて気に入っております。

本日は簡単に外観を紹介致しましたが、後日にでも使い勝手や機能面を記載したいと思います。
# by enu-wai | 2017-11-25 20:41 | ポメラ

新しく新調したTihnkPad X1 Carbon 2017年モデルですが、やはりモバイルPCとしての運用も考慮しておりましたので、持ち出し時の保護ケースも欠かせません。

a0363353_01032767.jpg


色々な保護ケースを検討しましたが、やはりLenovo純正品が一番ピッタリだろうと思い、X1 Carbonと一緒に注文しておりました。

それがThinkPad プレミアムケースです。

a0363353_18512598.jpg


本来であればX1 Carbon専用の「ThinkPad X1 Carbon プレミアムケース(4Z10F04133)を購入すべきなのでしょうが、様々な情報を見ていると、サイズダウンした2017年モデルのX1 Carbonでは専用ケースではぶかぶかになってしまうとの事でした。

2017年モデルのX1 Carbonにピッタリサイズなのは、実は12インチサイズのThinkPad X250やX240などの一回り小さいサイズ(4Z10F04134)の方だと分かり、こちらを注文しました。

製造元は昔からThinkPadユーザーにはなじみ深い「松下ラゲッジ」で、日本の職人が縫製した高品質の一品です。
以前愛用していたThinkPad X300でも同社のプレミアムケースを使用していたので、その品質の高さを十分知っていたので安心です。

a0363353_18512825.jpg


フラップには牛革を使用。
ThinkPadのロゴも刻印されております。
牛革ですので、使い込んでいくと味が出てくるのが嬉しいですね。

a0363353_18511859.jpg


本体生地はキャンパス地にポリカーボネートウレタンフィルムをラミネートし、摩擦・引き裂きに強く、防水性にも優れているとの事。

内装は一瞬で目に付く赤となっており、パイル生地にスポンジをボンディング加工してThinkPadを優しく保護してくれます。

a0363353_18513200.jpg


本体裏側には伸縮性のあるメッシュポケットが付いており、ThinkPadと一緒に小物類も携帯出来ます。

a0363353_18513576.jpg


写真の通り、2017年モデルのThinkPad X1 Carbonがピッタリと収納出来ます。
本来は分厚いX2x0シリーズ向けのサイズですが、薄く、旧モデルよりもサイズダウンしたから可能なのでしょう。
きつかったり、緩かったりも無く、本当にピッタリ収まるのです。

出し入れもスムーズに出来るので、2017年モデルのX1 Carbonをお持ちの方で保護ケースを検討されているのであれば、このX2x0シリーズ向けのプレミアムケースをおすすめ致します



# by enu-wai | 2017-11-24 18:56 | ThinkPad

ThinkPad X1 Carbon 2017年モデルのレビューその2となります。

a0363353_01032767.jpg


前回のレビューはコチラ。

今回は外観を少しピックアップして紹介したいと思います。

a0363353_20550967.jpg


本体左側側面の端子類。
USB Type-C/Thunderbolt3の端子が2つ、USB3.0、HDMI、イーサネット拡張コネクタとなっております。

a0363353_20564777.jpg


USB Type-Cは電源の端子にもなっているので、ACアダプタはUSB Type-Cとなっております。


a0363353_20570548.jpg


本体右側側面の端子類。
マイクロフォン/ヘッドホンジャック、排気口を挟んでUSB3.0、セキュリティ用のキーホールです。

a0363353_20572109.jpg


米沢生産モデルでありますので、裏面のステッカーには「Assembled in Japan」と記載されております。(ちょっと写真が見難いですが…)

a0363353_20581075.jpg


ThinkPadと言ったらやっぱりコレ!
トラックポイントの使い勝手は従来通りですが、クリックボタンが使い易くなりました。

一時期、トラックポイント用のクリックボタンがタッチパッドと統合されてしまった迷走時期がありましたが…。
クリックボタンが復活したという事は、やはりユーザーからかなり批判を喰らったからでしょうか?(笑)

a0363353_20582772.jpg


ThinkPadのヘビーユーザーだと殆どが機能を無効化されてしまうタッチパッド。
しかし、なかなか使い勝手が良くなっており、トラックポイントに馴染めないユーザーでも扱いやすくなっております。

…私は使わないので機能をOFFにしてますが…

a0363353_20584510.jpg


電源ボタンにはLEDを内蔵。
エントリーモデルではボタン内のLEDが省略されてしまっているものもあるみたいですね。

最上段のキーは6段配列化されてからスッキリしましたが、今の時代に適した配列だと思います。(7段配列にもはや未練が無いのもありますが)

a0363353_20590168.jpg


ミュート時とマイクOFF時にはオレンジ色のLEDが光る様になっております。

ちなみに、EscキーにあるFnLockのLEDが点灯時はファンクションキーが機能、LED消灯時は音量調整や輝度調整などの機能キーとして機能する様です。

a0363353_20591608.jpg


ThinkPadシリーズのお家芸。
ディスプレイが180°開くのは当然です。
IPSディスプレイなので、対面の相手に画面を見せる際にも便利ですね。

ヒンジも金属製で頑丈さを感じます。

a0363353_20593208.jpg


天板のThinkPadロゴは電源ON時に点灯、スリープ時にゆっくり点滅します。

ThinkPad X1シリーズとしては5代目となるこの2017年モデル。
デザイン、使い勝手が洗礼され、非の打ち所が無いほど非常に完成度の高い機種となっております。

唯一の欠点はフルサイズのSDカードに対応せず、MicroSDカードに対応…と言った点でしょうか。
私はあまり気にしていないのですが(笑)

そんな欠点を忘れ去ってしまうほど、このThinkPad X1 Carbon 2017年モデルは私が求めていたものを満たしてくれております

再び熱い思い入れを込められるThinkPadに出会えて嬉しく思います。
# by enu-wai | 2017-11-23 21:01 | ThinkPad

今日は昨日紹介しました、仕事用PCとして新調したThinkPad X1 Carbon 2017年モデルを簡単にレビューしたいと思います。

a0363353_19580109.jpg


過去にも沢山のThinkPadシリーズを愛用してきましたが、特に12インチモバイルのXシリーズが多かったと思います。
持ち運びやすさを考慮すると、12インチサイズが一番バッグに入れて出掛け先でも扱いやすいかと思いますが、画面が小さいと作業性は損なわれます。

しかし、過去には携帯性と作業性のバランスを兼ね備えた、ThinkPadシリーズの最高級機種が存在しました。
それが当時、私が無理して購入したThinkPad X300でした。

a0363353_19590338.jpg


発売したのが2008年で、その年にボーナスを投入して新品で購入しました(笑)
当時、初代MacBook Airとコンセプトが似ている事から、よく比較対象されましたが、実用面ではこちらのThinkPad X300の方が上でした。

筐体にThinkPadシリーズとして初めてカーボンファイバーを採用し、薄型・軽量でありながら13インチワイド液晶を搭載。SSDを採用し低電圧版CPUの処理速度の低さをカバー。
さらに薄型モバイルノートでは省略されがちなDVDスーパーマルチドライブも搭載。
ThinkPadシリーズのフラグシップ機に相応しい高級感ある仕上げもされ、これを持って行き着けのカフェでよく合流するThinkPad仲間からはよく羨ましがられたものです…。

私が今まで所有してきたThinkPadで間違いなく一番の思い入れがあったものでしたが、さすがに低電圧CPUの処理速度の低さと、初期の頃のSSD(しかも1.8インチと言うマイナー規格)であったため、重い処理はあまり出来ませんでした。
Windows 7にアップグレードして延命させたりしましたが、時代の流れについていく事が出来ず泣く泣く引退…。

その後継機としてX220を購入して愛用してきました。

さて、かなり話が脱線してしまいましたが(笑)、そんな思い入れが深いThinkPad X300を購入した時の激しい興奮を9年振りに思い出させてくれるほど、今回購入したThinkPad X1 Carbon 2017年モデルは完成度が高いです!

a0363353_19592875.jpg


今回は米沢工場生産モデルとして欲しかった為、Lenovoの直販サイトで注文しました。
色々予算と用途に応じたカスタマイズが出来るのも良いですね。

a0363353_01091411.jpg


NEC米沢工場で生産されたThinkPadの外箱にのみ、この米沢生産の刻印付です。

a0363353_19595801.jpg


外箱から開けると、今度はお金の掛かったしっかりした化粧箱入りです。
化粧箱だけ眺めていてもカッコイイです。

a0363353_20001436.jpg


上蓋を外すと、内蓋が観音開き。
実はこの内蓋、マグネットが仕込まれていて、パタッと内蓋が閉じます。
ノートPCで(特にThinkPadシリーズで)ここまで化粧箱にこだわっているものが初めてです。

a0363353_20003421.jpg


9年前、私が愛したThinkPad X300の面影が残っているこのX1 Carbon 2017年モデル。
ThinkPad X1シリーズ自体がX300の後継シリーズですので、所有する喜びの様なものが非常に高いです。
筐体の塗装や処理もフルモデルチェンジ前のX1 Carbonに比べ高級感がアップ。

この2017年モデルのX1 Carbonを初めて見た時は、かつての愛機X300がすぐに脳裏を過ぎりました。

a0363353_20005308.jpg


もはやThinkPadシリーズは7段配列キーボードではなく、6段配列キーボード。
ThinkPadを昔から愛用している古参ユーザーにはこの6段配列キーボードに対しては否定的な方が多いです。

…私もかつてはそうでした(笑)

しかし、時代の流れと言いますか、今の時代にマッチして6段配列に「進化させた」と今では思っております。
特にThinkPadシリーズはアイソレーションタイプのキーボードになってからも他社に比べてタイピングのし易さは抜群に良いですし、デザインも馴染んできました。

事実、到着したばかりのこのThinkPad X1 Carbonを開封してディスプレイを開いた瞬間…

「うわ!めちゃくちゃカッコイイやんっ!!」

…でした(笑)

試しにタイピングしてみるとガッチリとしてリズミカルに軽快に打てる…。
これぞThinkPadのキーボードだなぁ~と嬉しくて仕方ありませんでした。

a0363353_20011047.jpg


おまけにキーボードにはバックライト付。
MacBookなどには当たり前の様に付いてますが、キーボードバックライトが付いたThinkPadは初めてでしたので、凄く新鮮な気分です。

かつてはThink Lightと言う名のディスプレイの上部に内蔵されたLEDでキーボードをほのかに照らすものがありましたが…

アレはアレで好きだったのですがね。

a0363353_20013498.jpg


フルモデルチェンジした2017年モデルで一番目に入るのがこの狭額のディスプレイ。
ディスプレイのフレームを極限まで縮めた為、13インチワイド相当の筐体であるにも関わらず、14インチワイドのディスプレイを搭載する事が出来ました。

ThinkPadシリーズと言えば、電波の感度を良くする為にディスプレイのフレーム内にアンテナを内蔵する事が多いですが、このX1 Carbonは天板の殆どをカーボンファイバーで生成している為、電波が通らないみたいです。
その為、このX1 Carbonでは本体側にアンテナが内蔵されているとの事ですが、特に接続性に関してはあまり変わらないですね(笑)

液晶はフルHDの14インチワイドIPSディスプレイを採用。
ThinkPadシリーズとは思えないほど色合いが良く(笑)、すごく見易くて良い液晶です。

a0363353_01240514.jpg

a0363353_20021552.jpg

a0363353_20024131.jpg

a0363353_20030625.jpg

a0363353_20032052.jpg


IPSディスプレイなので、どの角度から見ても見易いです。
今までのThinkPadシリーズのイメージが変わるほど発色も良いですね。

これならPhotoshopでの画像編集にも困ることがなくなります。


…次回に続く。

# by enu-wai | 2017-11-22 20:13 | ThinkPad

私は長いこと仕事用PCではThinkPadシリーズを愛用してきましたが、たまにLet'snoteに浮気する事があります(笑)

今年の2月くらいまでは7列キーボード採用のThinkPad Xシリーズ最後となるThinkPad X220を5年近く愛用しておりました。
秋葉原でアウトレット品をかなり安く買い、スペックもCPUはIntel Core i5-2410M(2.30GHz)、メモリ4GB、128GBのSSD搭載…と、仕事用PCとしては今でも十分通用する優れたものでした。

しかし、バッテリが劣化してモバイルPCとしての運用が厳しくなってきた事と、そろそろ新しいPCが欲しいと思い色々探しておりましたところ、丁度Let'snoteの中古品でお買い得なものが出てきたので、Let'snoteに浮気をしてしまいました…

a0363353_00434092.jpg

左が5年近く愛用してきたThinkPad X220、右が浮気して(笑)新調したLet'snote CF-NX2です。

スペック的にはメモリはどちらも4GBでしたが、ThinkPad X220がCore i5-2410M(2.30GHz)だったのが、Let'snote CF-NX2ではCore i5-3320M(2.60GHz)とパワーアップ。
液晶は12インチである事は変わりないですが、解像度が1388×768ドットから1600×900ドットとなり、かなり解像度も上がりました。

しかし、このLet'snoteを購入したばかりの時は標準でHDD搭載だったので、SSDの読み込み速度に完全に馴染んでしまっていた自分はせっかく新調したにも関わらず、Let'snoteのHDDの遅さにガッカリし、即座にSSDに換装してしまいました(笑)

ThinkPadよりも軽く、バッテリも長持ちするので、この時はこれでしばらくこのLet'snoteで仕事頑張れるかな〜と思っておりました。

ところが、10年以上もThinkPadシリーズを使い続けてきた(途中浮気もあったけど)自分には、「やはり赤ポチが無い」「キーボードの打鍵感がイマイチ」「ThinkPad使っていないのは自分らしくない」…と、様々なフラストレーションが溜まり、PCで行う作業に集中出来なくなっておりました。

集中して快適に!自分らしく仕事をしたい!…と、我慢が出来ず、もうすぐやってくる自分の誕生日のプレゼントとして、ついに新型のThinkPadを購入してしまいました。

それが、ThinkPadシリーズのフラグシップモデル、ThinkPad X1 Carbon 2017年モデルです。

a0363353_01032767.jpg

13インチワイド相当の筐体に、フルHDの14インチワイドIPS液晶を搭載。
筐体にカーボンファイバーを使用し、薄型で軽量、高い強度を実現。

米沢工場生産モデルが欲しかったので、レノボの直販サイトでオーダーしました。

a0363353_01091411.jpg

仕事用という事で主に使用するExcelとPhotoshopが快適に使えれば良いので、予算も考慮してあまりスペックは上げておりません。

オーダー内容は…

● インテル® Core™ i5-7200U プロセッサー (2.50GHz, 3MB)
● Windows 10 Pro 64bit - 日本語版
● Microsoft Office Personal Premium - 日本語
● 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS 300nit 光沢なし)
● 8GB LPDDR3 1866MHz (オンボード)
● インテル® HD グラフィックス 620
● ブラック
● 日本語キーボード (バックライト、指紋センサー) ブラック
● 指紋センサーあり
● NFCなし
● TPMあり(ハードウェアチップ搭載)
● カメラ(HD 720p対応)あり、マイクロフォンあり
● TPMあり
● 256GB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe (OPAL対応)
● ThinkPadクリックパッド
● 3セル リチウムイオンバッテリー (57Wh)
● 45W ACアダプター(USB Type-C)
● インテル Dual Band Wireless-AC 8265(2x2) Bluetooth 4.1
● WWANなし
● WLANアンテナ
● 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS 300nit 光沢なし) 720pカメラ付、マイクロフォンあり ブラック
● 非vPro認定
● リテールパッケージ
● RJ45拡張コネクター
● 3年間 引き取り修理

…となっております。

ずっと旧世代のPCを使い続けてきたので、やっぱり最新鋭のThinkPadは快適です。
大満足過ぎて、良い歳した大人が久しぶりに興奮してしまいました(笑)

a0363353_01240514.jpg

詳しいレビューは追って掲載したいと思います。


# by enu-wai | 2017-11-22 01:30 | ThinkPad